Thursday, 24 November 2016

レールをはずれていたので海外に出れた

 僕はサラリーマンを1年半しかやったことがない。1年半で2社だ。そして独立。日本において社会のレールをはずれているのもいいところだ。こんな僕でも海外に出ていくときには相当考えた。でもやはり決め手になったのシンプルな考え方であり、既にレールをはずれてしまっている以上はそれを活かすしかないということだ。別に既にこれだけレールを外しまくっている者が日本にダラダラいようが、海外に出てチャレンジしてうまくいかずに帰ってこようが大差がないと思った。そのあたりが決断できた1つの決め手になっている。

 レールをはずれてしまっていてそのレールに戻れないのならば、もうそれを活かしてレールに乗っているものができないだろうことにチャレンジしてより良いものを獲得していくしかないだろう。No Choiceである。


 なぜサラリーマンができなかったのか、独立したのかの話もいつかしたいと思う。


P.S いやー、なんかVネックのラインが入ったかわいいセーターが買いたいな。でも似合わなそう 笑。