Thursday, 26 January 2017

チープカシオ買った

 一年ぐらい前から?日本で流行ってるチープカシオ、チープシチズン。今日はそんな話。知らない大人はチプカシで検索。
 イギリスに住んでいる時は家があったので時計を4つ持っていて、海外を旅する時はそれなりの値段する時計を2つ持ち歩いていた。そして去年は東南アジアに行くために怖いのでそれなりの時計は1つにしてそれとスウォッチという体制になり、そしてこの度チープカシオを1つ買ってチープカシオとスウォッチという組み合わせで旅することになった。
シルバーボディにゴールドフェイスのチープカシオ。1,500円なり。やっぱゴールドがさりげなく似合う男になりたいよね。ちょっとグローバルな気がしない?下の黒いのがフィリピンで買ったスウォッチね。ちょっと質感がミリタリーっぽくて夏(南国)向きなんだよね。
ほんとそれなりの時計を持ちながらのいつ盗難に合うかもしれないという移動生活って何かとストレスなんだよね。海外にいると貴重品を部屋に置いていたとしても心配ですからね。もうほんとに心配ならポケットに入れて歩くしかない。と思ってもそれだって裏路地でナイフで脅されて盗られてしまう可能性だって有りますからね(スリにはけっこう気をつけている)。ほんと海外では貴重品についてはいつも心配しています。持って歩いていても心配、家に置いていても心配というね。そんなことから今回スウォッチとチープカシオというところまでたどり着いてしまいました。



 みなさん自身で数字とか調べてみもらいたいですがここ数年高級衣料業界は目を疑うぐらいの売上の落ち込みです。目を疑いますよ。それって一年間での落ち込みなの?って。そして衣類に限らずすべての製品はコモディティ化に向かっておりもう高級な服などが再び売れるような時代って戻ってこないのかもしれません。それが不況とか不幸とかではなくてね。新しい時代の始まりなんだと思います。この新しい時代については書こう書こうと思っていて書けてない 汗。だって切り口や書きたいことがたくさんありすぎて本になりそう。。。。