Monday, 6 February 2017

スカジャンの不思議 俺的にね

 去年からなぜか海外のハイブランド(ルイビトンとかイブ・サンローラン、グッチとか他にもたくさん)がやたらめったらスカジャンを売っているわけですが。。。というか、なぜ足並みをそろえてスカジャンを出すのかが分からない。だってハイブランドのデザイナーたちが話し合って今年はスカジャンでいきましょう!ってやってないとおかしいぐらいどこのブランドも同時期にスカジャンを出しているのだ。やっぱ彼らはみんなで話し合って世界の流行を決めてるんだろうか?
 そして僕はそれとは関係なくずーーーとスカジャンほしいなって思ってた。それも20年間ぐらい 笑。ほんとにね。イギリスではスカジャンを日本から安く仕入れてイギリスのアマゾンとかで売ろうかとか思っていたぐらいだ。自分は未だ一着も持っていないにも関わらずだ 笑。

 何故持っていないかというと値段だ。20年前僕が欲しかったスカジャンは35,000円ぐらいのユーズドだったと思う。その頃の僕にはちょっと高くて買ってなかった(スカジャンの欲しさと値段を比べて)。かと言って1万円台から2万円で売られているスカジャンはやはり安っぽく見えるので欲しくなかった。そして20年後の今、5万円以下とかだったら買っても良いかなとまたスカジャンの購入を真剣に考えていた(もういい年の大人だけど着てみたいんだよね)。義理の弟にきいてみたらリアル・マッコイズのスカジャンとかが良いとかって教えてくれた。確かに見てみると結構良い。
買っても良いかも!と思ったが値段を見ると。。。16万円だった。ちょっと買えない。スカジャンに16万円使えないなぁ。不思議だよね。昔も今も結局買えないじゃん。なぜなのだろう。。。

 ちなみに海外にハイブランドのスカジャンもそれぐらいかそれ以上の値付けをしています。