Friday, 10 February 2017

軍装男装女子 ✖ 修道士メイド = おそ松さん

 前回メイドカフェの話しをしたが同日の話。今回アキバを訪れそんなところに入る予定なんかは一切なかった。はずだった。。。アキバの路上でチラシを渡してくるメイドさんや絵を売りつけてくるお姉さんたちは基本無視だ(小心者なので会釈はして通り過ぎるんだけどね)。しかし、秋葉原に来た僕は色々あってそもそもの目的を見失っていた。そう要するに暇していたのだ。そんな僕にタイミングよく話しかけてきたのが一人の男性。いや、軍装男装女子(女性が男装して、帝国軍服を着ているという。。。)だった。軍装男装女子カフェいかがっすか、ということなのだ。彼女、いや彼とちょっとしたトークをした。
僕「でも、あれでしょ。これって男装女子だから宝塚的なノリでお客さんは女性なんでしょ?俺違うでしょ」
軍装男装女子「そう思うじゃないですか。それが結構男性来ます」
とりあえず短い会話をしプチ気になりながらも気を持たせてもあれなので簡単な位置だけ聞いて僕は足早にその場を立ち去った。そう僕は軍装男装女子に会いにアキバに来たわけじゃないんだ、と。しかし、当初の目的を失った僕はその辺一周しただけで結局軍装男装女子カフェがあるビルへと吸い込まれていったのだった。小さな古いびたビル内に入り階段で3Fまで上がる。
軍装男装女子カフェの扉の前まで来た。すると扉の前には大きなブラックボードが置いてあり「軍装男装女子カフェ帝国迎賓館」について説明と一緒に「修道士メイドカフェアマリリス」。。。とも書いてある。ここに来てニューキャラ登場である。なんだこれは。。。そこでしばらく考え込んでいるとさっき外で話した軍装女装男子が帰ってきた。尋ねてみると両方の業態とも同じ会社が運営していて扉を入った中で別れているらしい。軍装男装女子からは「全然中見ていってください」と言われ中へ。
 もう中へ入った時点でこういうところは小心者の僕は中だけ見て帰るなんてことは出来ない。中へ入ってみるとほんと簡易的にパーテーションとカーテンで仕切られているだけでカウンターが2つあり片方は軍装男装女子カフェ帝国迎賓館のスペースでそっちには誰もおらず(今昼なので客も来ないのでスタッフはこの呼び込みをしていた軍装男装女子一人だけなのだ)、ともう一つのホワイトカラーで統一されたエリアにあるカウンターには一人の「修道士メイド」とお客が一人いた。修道士メイド一人とそっちにお客一人、そして僕を案内してくれた軍装男装女子が一人にお客なし。このシチュエーション、普通なら気を使って軍装男装女子に行くべきだろう。しかし妙に修道士メイドがタイプだった僕はそっちに行きたかった。そして僕が一番気になるのが修道士メイド一人にお客一人に僕が入っていくとお邪魔にならないだろうかということだった(いや軍装男装女子に気を使えよ)。そんな僕はお客が一人いるところに僕が入って行ったら邪魔にならないかということについて、そう軍装男装女子に修道士メイドの件について相談した。すると全然問題ないという回答だったので、そっち側へ。ただそれでも気を使っている僕はノートパソコンを出して仕事をしているふりだ。走行している内にその一人いたお客さんが帰ってたので僕もパソコンを閉じて修道士メイドと会話開始である。
 僕は修道士メイドにきいてみたんだ。なぜおそ松さんがそんなに人気があるのかってね。おそ松くんはみたことがもちろんあるがおそ松さんはないのである。勿論だいぶ前に人気の理由を調べたことはあったけど、最近思っていたのがおそ松さんって海外でもけっこう人気なんなってことだ。結構西洋人がおそ松さんのコスプレなんかしているのである。するとこの修道士メイドはすごいマーケティング目線でアニメとかを見ているみたいで彼女の回答にものすごく納得いってしまった。どんなヒットの理由だったかって?まあ、面倒なのでここには書かないことにして。


そんなわけで軍装男装女子に導かれて修道士メイドに会いおそ松さんのヒットの理由を知ったつよしだった。そんな日もあるよね。